クラブハウス「オレンジキューブ」

写真提供:大宮アルディージャ

平成15年4月にさいたま市が全国13番目の政令指定都市となったことにより、西区が誕生しました。
西区はさいたま市の北西部に位置し、区域の東側に鴨川、西側に荒川を擁し、水と緑が象徴する自然豊かな環境に恵まれた地域です。
また、西大宮バイパス・新大宮バイパス・上尾道路が交差する道路交通網の要衡であり、東西を横断するJR川越線には、指扇駅と西大宮駅の2つの駅があります。
歴史的にこの地域は、川越・岩槻といった城下町を結ぶ街道が走り、多くが農業を生業とする地域でした。指扇村、馬宮村、植水村、日進村(一部)、三橋村(一部)と称された時代を経て、JR川越線が埼京線に乗り入れたのを契機に、ますます注目されるまちへと変貌を遂げています。

当会は様々な業種の会員で構成され、商店街を形成しておりませんが、会員のスキルアップを地域住民の方々にお役に立つ各種事業を行っています。